ムクナ豆って何?

ムクナ豆はL-ドーパ
豊富に含まれる希少植物

はたらくムクナ豆

つる性のマメ科の植物で、ムクナ豆はインド原産といわれ古代から人々の健康維持に用いられてきました。他の豆類と同様に、鉄分やタンパク質、炭水化物、脂質、ミネラルを含んでいます。特に鉄分は他の食物と比較して大変多いことがわかっています。
さらに最も特徴的かつ重要なのは、ムクナ豆にはドーパミンの元になるL-ドーパが多く含まれていることです。

国産

ムクナ豆のL-ドーパ含量

製品比較

参照:総説「生理活性についての食用豆の機能)豆類協会星合和夫

L-ドーパ

L-ドーパ 9種の必須アミノ酸とグリシンを始めとした非必須アミノ酸

ロイシンバリンイソロイシンリジンスレオニン
フェニルアラニンメチオニントリプトファンヒスチジン

グリシンアラニンセリンアスパラギン酸アルギニンプロリン

はたらくムクナ豆の栄養分析試験結果

製品比較

PDFで見る

L-ドーパはドーパミン
の元となる物質

ムクナ豆に含まれているLドーパ(エルドパ、レボドパ)はドーパミンの前駆物質(一つ手前の化合物)で、神経伝達物質として重要な役割をもつ前駆アミノ酸です。いきいきと活動するために必要なドーパミンの元となる物質で、加齢により不足しやすくなるといわれています。
ドーパミンが不足するとパーキンソン病、ムズムズ脚症候群、運動障害、意欲低下など様々な症状につながる場合があります。

CHECK!

こんなお悩みありませんか?

  • スムーズに動きにくい
  • 動作が遅くなった
  • こわばりが気になる
  • 転びやすくなった

そんな時はムクナ豆がサポートします

国産

お買い求め定期便・単品

はたらくムクナ豆

ムクナ豆は一度
日本から姿を消した?

ムクナ豆は日本では「八升豆」と呼ばれています。うまく収穫出来るとその量がとても多いことから、八丈島から渡来したためなど、名前の由来は諸説あります。ムクナ豆は江戸時代頃までは西日本を中心に栽培されていましたが、栽培期間が 長く豆自体がとても固く調理が大変なこと、また栽培には一定の暖かさが必要なことから、日本では一度栽培が途絶えます。

ムクナ豆の復興の話

関連ページ

つる性のマメ科の植物で、ムクナ豆はインド原産といわれ古代から人々の健康維持に用いられてきました。
他の豆類と同様に、鉄分やタンパク質、炭水化物、脂質、ミネラルを含んでいます。特に鉄分は他の食物と比較して大変多いことがわかっています。
さらに最も特徴的かつ重要なのは、ムクナ豆にはドーパミンの素になるL-ドーパが多く含まれていることです。

ムクナ豆に含まれているLドーパはドーパミンの前駆物質(一つ手前の化合物)で、神経伝達物質として重要な役割をもつ前駆アミノ酸です。
いきいきと活動するために必要なドーパミンの元となる物質で、加齢により不足しやすくなるといわれています。
ドーパミンが不足するとパーキンソン病、ムズムズ脚症候群、運動障害、意欲低下など様々な症状につながる場合があります。

はたらくムクナ豆は主に5つのこだわりと責任を持ってお客様にお届けしています。

  • 国産100%のムクナ豆を使用・国内シェアNo.1※※2021年国内生産数の71.4% 当社調べ
  • データに基づいた製品づくりのため複数大学との研究と開発
  • 「L-ドーパ測定設備」を導入し、自社の厳しい基準をクリアした原材料のみ使用
  • データを取りながら計測し、ムクナ豆の「L-ドーパを壊さない・管理する」製品づくり
  • 残留農薬検査済み。全項目不検出の結果が出ています

もっと詳しく

各種お問い合わせ

何かございましたら
電話・メール・LINEでお伺いいたします

073-488-6600 受付時間:月〜金 09:00~13:00
(土、日、祝日、弊社指定休日を除く)

メールでお問合せ

友だち追加

LINEでのお問い合わせ方法